エプタこぼれ話「舞鶴 岸壁の記憶」編ーその2

0

     舞鶴を訪れたら、まず五老ヶ岳山頂に行かれることをお薦めします。舞鶴は京都府の北部(かつての丹後国)にあり、日本海側の若狭湾に面しています。複雑に入り組んだリアス式海岸が織り成す美しい景観は、若狭湾国定公園に指定され、とりわけ市の中心部にある五老ヶ岳から眺める舞鶴湾は、近畿百景の第1位に選ばれたほどの絶景。また東に青葉山(若狭富士)、西には建部山(丹後富士、舞鶴富士)の秀麗な姿が、さらにその向こうには山の稜線が幾重にも重なって美しいグラデーションを見せてくれます。

     春から夏には、まばゆいばかりの海と空の青さ、瑞々しい緑に覆われた山々が織り成す景観に目を見張ることでしょう。秋から冬のよく晴れた日の早朝は、舞鶴湾を覆う壮大な雲海を見ることができます。さらに1日の中でも、日の出、夕焼け、夜景とさまざまな表情を楽しめます。

                   *

     舞鶴の市街地は、東と西ではまったく様子が異なります。その建物や町並みは、それぞれに辿ってきた歴史と時代を物語っています。東(明治時代)と西(江戸時代)をつなぐ五老トンネルは、まるでタイムトンネルのようです。

     舞鶴の東地区には、日本の近代化に先駆けた明治時代の文化遺産が数多く遺っています。その代表的なものが赤れんが倉庫群。レトロな雰囲気の「赤れんがパーク」はアート展やイベントスペースとして利用され、多くの観光客が訪れる観光スポットにもなっています。パーク内のカフェでは、元祖肉じゃが丼や海軍カレーも味わえますよ。

     舞鶴には海上自衛隊の基地や、第八管区海上保安庁があり、国防の拠点都市としてその一端を担っています。最新鋭のイージス艦や護衛艦をすぐ近くで見られるのも舞鶴ならでは。土曜日と日曜日は桟橋内の見学日になっていて、運が良ければ護衛艦の甲板に乗船できることもあります。また東港からは、海岸ゆかりの港めぐり遊覧船が出ていて、潮風に吹かれながら海からの眺望を満喫できます。山並みを背景にした舞鶴市街、クレインブリッジ、引揚桟橋、小樽と舞鶴を結ぶ大型高速フェリー、海上自衛隊の航空基地、造船所、そして間近に迫る護衛艦は大迫力です。

     次回は、タイムトンネル(五老トンネル)を抜けて、江戸時代の城下町(西地区)へ行ってみましょう。              (その3に続く)


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM